プログラム

プログラムを公開しました。(2016/5/10)

ダウンロード
プログラム(正式版)
SRM2016-プログラム-1605010.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 354.9 KB

要旨

要旨を公開しました。(2016/5/27)

ファイルを開くのにパスワードが必要です。発表者、事前参加登録者には個別にご連絡をしておりますが、もし連絡が届いていない場合は、事務局までお問い合わせください。

ダウンロード
特別講演の要旨
SRM2016-特別講演.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 332.9 KB
ダウンロード
口頭発表の要旨
SRM2016-口頭発表.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 6.4 MB
ダウンロード
ポスター発表の要旨(P1-P18)
SRM2016-ポスター発表 (P1-P18).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.0 MB
ダウンロード
ポスター発表の要旨(P19-P36)
SRM2016-ポスター発表 (P19-P36).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 8.4 MB

==================================================================

6月17日(金)
ポスター賞応募演題
 9:10~ 10:00    Short Presentation I (P-01~P-21)
10:10~11:00    Short Presentation II (P-22~P-35)

一般講演 I]11:10 ~ 12:10
座長:舩橋靖博(阪大院理)
O-01    Tyr-Cys架橋を有する人工タンパク質の創製
Creation of artificial metalloprotein bearing the Tyr-Cys covalent linkage
◯藤枝伸宇、谷口勇希、山脇沙耶香、伊東 忍(阪大院工)

O-02    ハイブリッド型人工シデロフォア-鉄(III)錯体を固定化素子とした微生物検出法の開発
Development of microbe detection method using hybrid-type artificial siderophore-iron(III) complexes as the immobilization probes
◯遠藤 卓、居戸裕樹、猪股智彦、小澤智宏、増田秀樹(名工大院工)

O-03    水系からの有害金属除去のための非分解性キレート剤の合成
Synthesis of stable chelating agent for fixing heavy metal ions from water
◯村田明規、野元昭宏、尾崎紀哉、小川昭弥(阪府大院工)

ポスター発表]13:20~15:20   

一般講演 II]15:30 ~ 16:50
座長:林 高史(阪大院工)
O-04    ヘムタンパク質物理化学解析のための対称型ポルフィリンの新規合成法
Novel synthesis of symmetric porphyrins for the physicochemical analysis of hemoproteins
○根矢三郎1、米田友貴1、星野忠次1、鈴木優章2(1千葉大院薬、2島根大総合理工)

O-05    水溶性鉄(III)カルボニル錯体の合成―可視光に応答する生体適合性 CO放出分子としての利用可能性―
Synthesis of a water-soluble iron(III) carbonyl complex -Possible use as a biocompatible CO releaser responsive to visible-light-
○中江豊崇、久保田真史、廣津昌和、中島 洋(阪市大院理)

O-06    キャビティ内に形成した三核銅中心の性質とマルチ銅酸化酵素との関連
Properties of tricopper centers formed in the ligand cavity: Their relevance to the reaction mechanism of multicopper oxidases
永田光知郎1、畑中 翼1、岩崎友哉2、小澤智宏2、猪股智彦2、小倉尚志3、増田秀樹2、○舩橋靖博1(1阪大院理、2名工大院工、3兵庫県立大)

O-07    CueOのタイプI銅配位子His443と水素結合したAsp439への変異導入による酵素活性制御
Fine tuning of the enzymatic activities of CueO by performing mutations at Asp439 hydrogen-bonded with His443 coordinated to Type I copper
○松田奈々、片岡邦重、櫻井 武(金沢大院理工)

特別講演 I]17:00 ~ 18:00
座長:中山守雄(長崎大院医歯薬)
PL-01 111In標識リポソームによる動脈硬化イメージングとマルチモダルイメージングへの展開
Atherosclerosis imaging with 111In-labelled liposome and its application for multimodal imaging
小川美香子(北海道大学大学院薬学研究院)

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6月18日(土)
一般講演 III]9:00 ~ 10:00
座長:増田秀樹(名工大院工)
O-08    キラル亜鉛錯体による触媒的不斉アルドール反応と錯体構造および反応遷移状態の解析
Enantioselective aldol reactions catalyzed by chiral zinc(II) complexes and computational study of complex structures and transition states
○青木 伸1,2、安田真人1、菊地千陽1、畑中美穂3、北川裕一4、長谷川靖哉4、久松洋介1(1東京理大薬、2東京理大イメージングフロンティア、3近畿大理工、4北大院工)

O-09    亜鉛ヒノキチオール錯体 [Zn(hkt)2] はインスリンの発現に影響を及ぼすか −PDX-1の発現量からの検討−
The impact of zinc-hinokitiol complex ([Zn(hkt)2]) on the expression and secretion of insulin ‒Approach from the expression of pancreatic transcription factor, Pdx-1‒
○内藤行喜1、吉川 豊1,2、新谷路子3、鴨志田伸吾3、梶原苗美2、安井裕之1
(1京都薬科大、2神戸女大健康福祉、3神戸大医保健)

O-10    アミロイドβ-亜鉛形成から視た認知機能障害
Extracellular Zn2+ is essential for transient cognitive decline by low nanomolar b-amyloid
○武田厚司、天白宗和、佐々木美紅、橋本若奈、河渕修平、玉野春南(静岡県大薬)

一般講演IV]10:10 ~ 11:10
座長:廣田 俊(奈良先端大物質)
O-11    ジスルフィド結合形成を利用したタンパク質への金属イオン取り込みメカニズム
A dual role of cysteine residues in the activation of Escherichia coli Cu, Zn-superoxide dismutase
○古川良明、小久保鉄平、櫻井靖之(慶應大理工)

O-12    分子クラウディング効果によるSOD1の酸化促進性の獲得
Acquisition of the pro-oxidant activity of wild-type SOD1 by the addition of structural instability
高橋 旭、藤巻暢宏、○中林孝和(東北大院薬)

O-13    長短鎖アルキル基を導入した制がんテトラゾラト架橋白金(II)二核錯体のDNA構造に及ぼす影響と生物学的効率との関連
Biological efficiency of anticancer tetrazolato-bridged dinuclear platinum(II) complexes with different length of alkyl substituent in relation to the structural effect of DNA 
○米田誠治1、植村雅子1、米山弘樹2、村松 晃3、岡本直人1、春沢信哉2、吉川祐子4、吉川研一3(1鈴鹿医療大薬、2大阪薬大、3同志社大生命医科学、4立命館大生命科学)

特別講演 II]11:20 ~ 12:20
座長:石森浩一郎(北大院理)
PL-02 Heme stream: 連続的なヘム合成・分解の細胞維持のための積極的役割
Constant turnover of newly synthesized heme is necessary for cell functions
竹谷 茂(関西医大・・微生物学/京都工芸繊維大・・応用生物学)

一般講演 V]13:30 ~ 14:50
座長:宇野公之(阪大院薬)
O-14    脱窒酵素複合体形成による効率的な一酸化窒素分解の分子機構
Molecular mechanism of effective nitric oxide decomposition by complex formation of nitrite reductase and nitric oxide reductase
○當舎武彦1、寺坂瑛里奈1,2、松本喜慎1,2、杉本 宏1、城 宜嗣1,2(1理研SPring-8、2兵庫県立大院生命理工)

O-15    不斉酸化反応を有する蛍光菌HasApf (SanCat-R)
Heterogeneous enzyme catalysis using hemophore HasA. Application in the chemoenzymatic deracemization of sec-alcohols with sodium borohydride (SanCat-R)
○永岡宏行(サンヨー食品開発部)

O-16    ヘムの化学修飾がメトアジドミオグロビンのスピン平衡に与える影響
Effect of heme electronic structure on spin equilibrium of met-azido myoglobin
○並木孝介1、柴田友和1、根矢三郎2、鈴木秋弘3、山本泰彦1(1筑波大院数物、
2千葉大院薬、3長岡高専物質工)

O-17    2種の酸素添加反応の融合による特殊なヘム分解
Unique heme degradation achieved by unprecedented coupling of mono- and dioxygenase chemistries
○松井敏高1、高橋 聡1、齋藤正男1、藤井 浩2(1東北大多元研、2奈良女子大自然科学)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------